横浜市の店舗風俗は、曙町に在ります

yokohama-922425_640

横浜市には、店舗型の風俗店が多く存在しています。風営法では、店舗型の風俗店は規制されているといいますが、改正法ができる以前に適用された業者に関しては店舗型でも問題は無いとされています。

店舗型の風俗店の場合、横浜では京浜急行線の黄金町や横浜市営地下鉄線の伊勢佐木長者町駅から下車した場合、当該業者へのアクセスは良好となっています。

.a-fuu.com/rosen.php?id=228005&area=13″>本線(京浜急行電鉄) 沿線の駅名から風俗店を探す フーゾクDX

曙町に店舗型の業者が集中しており、このエリアは横浜市中区とされています。京浜急行線を利用する場合は、黄金町駅が唯一の最寄り駅となっています。
黄金町の実情

店舗型の風俗店ですが、店内で受付をするとそのまま店内でコンパニオンとプレイをすることになります。
店舗型の場合、事前にシャワー室で洗体をしてからコンパニオンと遊ぶことになりますが、店舗によっては風呂に入って綺麗に洗浄をしてからプレイをするタイプの業者も在ります。

風呂に入ってからプレイをする場合ですが、風俗ファンにとっては男性の性感帯として広く知られている臀部を刺激してくれるサービスが在ります。
それは、専用の椅子に座って、女性から性的刺激をされるものであり、ファンにとっては病み付きになること間違いなしと言われている位に絶大な人気を誇っています。

店舗型風俗店の場合、風呂に入って臀部を性的刺激してくれるサービスを実施している業者が圧倒的な人気を誇っています。
また、こういった業者は不動の地位を築いており、ファンの期待を裏切らないサービスに力を注いでいます。

因みに、風俗店に在籍しているコンパニオンは業者との関係は請負契約的なものであり、一人親方扱いとなります。

労働法でいう雇用関係は受付スタッフや店舗運営者となっており、個々の業者が設定している自社サイトでは「出勤情報」という表現を使うと紛らわしいので「スケジュール」としていることが少なくないようです。
これは、コンパニオンと業者との関係が労働法でいう雇用関係でないことを意識しているようであり、風俗業者は警察との関係だけでなく労働行政との関係も気にしている業者であれば長続きをするとされています。